作業の様子 

生地の形成   (2013年10月29日)

クッキーを作るときに、ラップにくるんで生地の形成を行います。

生地の成形

 

生地をある程度の形に形成したあと、ラップの上にのせ丸く棒状に伸ばしていきます。

生地の成形

それらラッピングされた生地をバットの上に並べて、しばらく冷蔵庫で寝かせます。

では、なぜ生地を寝かせるのでしょう??

これは、小麦粉に含まれるグルテンが関係しています。生地を練りすぎるとグルテンが発生してしまい、焼上がりが固くなる・成形しづらくなるなど、 様々な弊害が発生してしまいます。

寝かせる(ほったらかし)ことにより、生地全体の水分を均一にしてやる。また、冷やすことによりグルテンの粘りを押さえるという効果があります。

粉ふるい   (2013年10月29日)

この写真は、クッキーを作る際に使用する「小麦粉」をふるいにかけています。 粉ふるい

ここで、しっかりとダマがなくなるまで、丁寧にふるいにかけます。

なぜ、粉をふるうのか??

それは、焼き上がり時の食感を「きめ細やかに」するためです。

ご家庭での洋菓子作りのポイントは「しっかり粉をふるいにかけてダマをなくすこと」です♪

 

ロッククッキー